「大人ナチュラルメイク」とは?

 
控えめメイク、しっかりメイクとメイクアップは大半は好みでわかれます。
しかしメイクはファッションと同じく、若いときは若い時の、大人になってからは大人のスタイルがあります。流行や年齢を追いながらメイクを変えられていますか?
時代遅れの「昭和顔」にならないようにここでチェックをしておきましょう。

 

 

makepoint02-2.jpg 

 



最近市場で圧倒的に取り上げられている定番メイクといえばナチュラルメイク。誰もがナチュラルメイク=「薄化粧」を想像します。
しかし決して薄化粧に仕上げているわけではありません。
シミやくすみなど表面の肌トラブルをカバーし肌色を均一に見せる、実はしっかりカバーメイクなのです。
メイクを自然に見せる場合、多くの方がチークやリップなどポイントメイクを避けて化粧しがちですが、それは大人の女性にはNG。不健康に見え、美しさも若さも失われた「疲れ顔」の印象に見えてしまいます。

ではどのように仕上げればよいのでしょうか?
大人のナチュラルメイクのコツについて考えてみましょう。

 

大人ナチュラルメイクの絶対条件

@不均一な肌色を整える
Aポイントメイクでメリハリを出し健康的に仕上げること。
(ワンポイントで−5歳若返ります。)

 

ナチュラルメイクの3大ポイント

@色むらをなくす・・・赤味、黄味、くすみはしっかり消し肌色を均一に整える。
A質感・・・・・・・・・・乾燥したパサッとした肌からプルッとした肌の質感。
Bメリハリ・・・・・・・・筋肉の張りがなくなってくることでメリハリが乏しくなる。
             唇の山、眉山、目尻などにメリハリをもたせる。

 

これをしないと・・・
疲れ顔!ぼやけ顔!ふけ顔!一直線